BLOG ブログ

「お腹、しっかり動いてますか?」呼吸トレーニングが必要な人とは
「お腹、しっかり動いてますか?」呼吸トレーニングが必要な人とは

こんにちは。
ボディメイクスタジオ いのラボ 近江店の西潟です。

 

前回、前々回と「呼吸トレーニング」が

なぜ必要なのか、

どのような効果があるのか

について話しました。

 

今回は、

「どんな人が呼吸トレーニングをした方がいいのか」

について話していきたいと思います!

 

「どんな人が呼吸トレーニングをした方がいいのか」

それは、ずばり「呼吸がみだれている人」です!

 

呼吸トレーニングの目的は、

みだれてしまった呼吸を元に戻す

ことにあります。

 

中には呼吸が“みだれていない人”もいるので、

“みだれている人”が特にトレーニングをした方がいい

ということになります。

しかし、“みだれていない人”もみだれるのを

予防するという意味ではトレーニングを行なっても

無駄にはなりません。

 

では、「呼吸がみだれている人」とは

どのような人なのか。

そのような人を見つける簡単なテストを

お伝えしたいと思います!

ぜひ、これを読んでいるみなさんも

やってみてください!

 

 

■テストしてみよう!

 

どのようなテストかというと、

「お腹の動きをみる」テストです。

 

方法としては、仰臥位(あお向け)になり、

両膝を立て足裏を床につけます。

両手はわき腹~お腹の中央にかけて触れるようにし、

お腹の動きが確認できるように置いておきます。

 

その姿勢のままゆっくりと呼吸を行ない、

お腹がどのように動いているか確認します。

テストを行なった時、「呼吸がみだれている人」

息を吸ったときにお腹がうまく膨らまず、

“胸周りが膨らんだり”

“肩がすくむような動き(肩が頭方向に動く)”

になってしまうことが多いとされています。

 

「呼吸がみだれていない人」

”息を吸った時にお腹周りが膨らむ”

”特にお腹の横がしっかり膨らむ”

のような動きが確認できます。

 

 

 

■横隔膜が重要!

 

なぜ、このような動きに違いがでるのか。

それは呼吸をするときに使われる筋肉が

適切に働いているかどうかで違いが出てきます!

 

主に呼吸をするときは、「横隔膜」が動くことで

息を吸ったり吐いたりできることが

理想だと言われています。

 

「横隔膜」というのは、

肋骨(あばら骨)で作られる鳥カゴのような形をした

「胸郭」という部分の底蓋になるように

くっついています。

 

横隔膜の上には「肺」があり、

横隔膜の下には「胃」「肝臓」などの内臓があります。

 

この横隔膜は、普段、

肺側にドームのように丸まっているのですが、

息を吸って空気が肺に入り、

肺が膨らむときに内臓側に下がります

 

逆に、息を吐いて肺から空気が抜けていき、

肺がしぼむときに肺側に上がってきます

 

 

■あなたはどう?

 

先ほどのテストでお腹が膨らむ人は、

適切に横隔膜が内臓方向へ下がっていて、

腹部の圧が高まっていることにより

膨らんでいることになります

 

しかし、肩や胸周りが動く人は、

横隔膜が下がる動きが小さく、

肺が膨らむスペースを空けるために肩を上げたり

胸周りを膨らませたりすることで

補っていることになります

 

※補足ではありますが、

運動中などの多く酸素を必要とするときには、

肩や胸周りを動かして多く空気を

取り込もうとすることは重要なことです。)

 

 

皆さんのお腹はどのような動きをしました?

呼吸を直したいと思われた方は、

ぜひ、いのラボでトレーニングしてみませんか?

SNS

Store 店舗一覧

新潟市中央区近江3-32-6
(バス停:上所小学校前から徒歩1分)

  • TEL:080-4614-8872
  • 営業時間:9:00~21:00(最終受付20:00)
  • 定休日:日曜・祝日

新潟県新潟市西蒲区井隨817

  • TEL:0256-77-8688
  • FAX:0256-77-8689
  • 営業時間:9:00~21:00(最終受付20:00)
  • 定休日:月曜・祝日