BLOG ブログ

呼吸はどうやってするべき?「鼻」から?「口」から?
呼吸はどうやってするべき?「鼻」から?「口」から?

こんにちは。

ボディメイクスタジオ いのラボ 近江店の西潟です。

 

こちらで前回までのブログでは

「呼吸トレーニング」の必要性やメリット、

呼吸のチェックテストについて話してきました。

 

今回は呼吸をするときに

『「鼻呼吸」でするのか、「口呼吸」でするのか』

ということについて話していきます!

 

 

 

どちらがいいのか。

健康についての取り上げたテレビや雑誌などで

この答えについて聞いたこともあるかもしれません。

 

先に言ってしまうと、呼吸は、

「鼻」で行なった方がいいと言われています!

 

では、なぜ「鼻」がいいのか?

そのメリットはいくつかありますので、

紹介していきたいと思います!

 

 

■鼻呼吸のココがいい!

 

1つ目は呼吸量を調整できることです。

以前のブログで

「酸素の吸いすぎによる酸素不足」

についてお話しましたが、

この状態は「口呼吸」になることで、

より拍車をかけてしまうことになります!

 

しかし「鼻呼吸」は、

口呼吸の時よりも3割ほど空気の出入りが抑えられる

と言われており、

必然と入ってくる空気の量が少なくなります。

このことが酸素の吸いすぎるのを

防ぐことにつながります。

 

 

 

2つ目は姿勢がよくなることです。

「口呼吸」を行なうと、

アゴが下がり、気道を狭めることになります。

そのままだと空気が入りづらくなるので

頭を前に突き出すような姿勢

とるようになってしまい、

頭が前に出る姿勢は猫背反り腰

助長させてしまいます!

 

一方で、「鼻呼吸」

口を閉じたままで呼吸ができるので、

気道が狭まることがなく、

頭を前に出す必要がないので

姿勢をまっすぐに保つことができる

ということです!

 

一度、頭が前に出る姿勢になってしまったのを

改善するためには、

必要な筋肉をつけることも重要ですが、

呼吸の仕方についても

改善させる必要があるということです。

 

 

 

3つ目は血流が良くなることです。

鼻腔という場所からは

「一酸化窒素」というものが分泌されています。

一酸化窒素には体にとって様々な効果がありますが、

その一つに血管拡張作用というものがあります。

「鼻呼吸」をしたときに空気が鼻腔を通りますが、

そこで一酸化窒素が空気に混ざって

体内に入ってきます。

 

一酸化窒素の効果で血管が拡張すると

血流がよくなり、

酸素が体中をめぐりやすくなったり、

栄養素を運びやすくなったり、

筋肉の柔軟性がよくなったり、

などの効果を得ることができるということです!

 

 

このほかにも「鼻呼吸」になることで

多くのメリットがあります!

 

ぜひ「呼吸トレーニング」を行ない、

「鼻呼吸」の習得を目指しませんか?

SNS

Store 店舗一覧

新潟市中央区近江3-32-6
(バス停:上所小学校前から徒歩1分)

  • TEL:080-4614-8872
  • 営業時間:9:00~21:00(最終受付20:00)
  • 定休日:日曜・祝日

新潟県新潟市西蒲区井隨817

  • TEL:0256-77-8688
  • FAX:0256-77-8689
  • 営業時間:9:00~21:00(最終受付20:00)
  • 定休日:月曜・祝日